テーマ:釈迦堂PA

再び中央道釈迦堂PAから(2)

 前の(1)の続編で、中央道の釈迦堂PAから通じる遺跡博物館前からの奥秩父方面の眺望である(2020年1月21日)。  金峰山(2599m、26km)、朝日岳(2579m、26km)、国師岳(国師ヶ岳)(2592m、25km)は、山梨-長野県境をなす奥秩父山地の主脈稜線上の山。金峰山の手前の大沢ノ頭(大沢山)(1673m、15km…

続きを読むread more

再び中央道釈迦堂PAから(1)

 今年の冬はいわゆる冬晴れの日がほとんどない。今月最後のよい天気らしいので、再び中央道を下る。前回(2019年12月24日)よりは好天であった(2020年1月21日)。この(1)では遺跡博物館前から望む南アルプス方面の眺望を、次の(2)で奥秩父方面の眺望を載せる。なお括弧内の数字は標高(m)と観測点からの直線距離(km)。  南ア…

続きを読むread more

中央道釈迦堂PAから

 この冬は今のところ冬型の安定した天気が続かない。久しぶりに見晴らしのききそうな晴天だと思って中央道を下ってみた。例によって釈迦堂PAに立ち寄り、遺跡博物館へ通じる階段を登った。期待に反して山々には結構雲がかかっていた(2019年12月24日)。  南アルプス方面。主なピークは左から赤石岳(3121m、55km)、広河内岳(289…

続きを読むread more

中央道釈迦堂PAから

 素晴らしい展望が期待できそうな天気だったので、甲州方面に出かけた。まずは中央道の釈迦堂PAに立ち寄った。遺跡博物館への階段を上がると、南アルプスから奥秩父までの山々の素晴らしい眺望が広がっていた(2019年3月18日)。  階段の上部からのパノラマ写真。西に南アルプス山々、北に奥秩父の山々、その間に甲府近郊の山々が連なっている。…

続きを読むread more

釈迦堂PAから奥秩父

 6月以降、見晴らしのよい日はほとんどなかったので遠望を楽しみに出かけることもなかった。7月になって梅雨明け宣言は出てないのに晴天が続いており、また用事もあったので、天気のよさそうな日に中央道を下って釈迦堂PAまで行ってみた(2017年7月11日)。上空は晴れているのだが、南アルプスはまったく見えなかった。奥秩父方面が少しだけ眺望できた…

続きを読むread more