大沢ノ頭近くの幕岩から(2)

 幕岩からの展望、その2、北から東の方面の眺望です(2018年10月22日)。

 富士山とは反対方向、北を望むと、すぐ手前に小楢山(1713m、0.7km)が横たわっている。その左側(西)に大丸戸(おおまると、遠見山とも 2234m、6.4km)、奥秩父の最高峰の北奥千丈岳(2601m、10km)、朝日岳(2579m、11km)、鉄山(2531m、11km)、金峰山(きんぷさん 2599m、11km)、八幡山(はちまんやま 2088m、10km)、右側(東)に乾徳山(けんとくさん 2031m、7.2km)、唐松尾山(からまつおやま 2109m、20km)、飛龍山(2077m、22km)、前飛龍(1954m、22km)。
画像


 小楢山の左側である。左からチョキ(1883m、10km)、無名の2035m峰(10km)、八幡山(2088m、10km)、金峰山(2599m、11km)、鉄山(2531m、11km)、朝日岳(2579m、11km)、北奥千丈岳(2601m、10km)、国師岳(国師ヶ岳 2592m、11km)、大丸戸(遠見山とも 2234m、6.4km)。剣ヶ峰(2053m、6.5km)は手前のピーク。
画像


 小楢山の右側である。左から山梨市に位置する笠盛山(2072m、7.8km)と乾徳山(2031m、7.2km)、山梨県と埼玉県境の奥秩父主脈稜線上の古礼山(2112m、16km)、燕山(つばくらやま 2004m、17km)、笠取山(1953m、18km)、唐松尾山(2109m、20km)、竜喰山(りゅうばみやま 2012m、21km)、飛龍山(2077m、22km)、前飛龍(1954m、22km)、山梨県と東京都の県境の奥多摩山地の七ツ石山(1757m、28km)の山頂部分が手前の尾根の上に見える。
画像


 東北から東の展望。奥秩父稜線上の燕山(つばくらやま 2004m、17km)、笠取山(1953m、18km)、唐松尾山(2109m、20km)、竜喰山(りゅうばみやま 2012m、21km)、飛龍山(2077m、22km)、前飛龍(1954m、22km)、わずかに山頂付近だけ頭を出している奥多摩の七ツ石山(1757m、28km)、鷹ノ巣山(1737m、32km)。鷹ノ巣山付近を拡大すると2つのピークが確認できる。右が鷹ノ巣山、左は日蔭名栗山(1725m、31km)。右端は、甲州市の鈴庫山(すずくらやま 1716m、11km)と鶏冠山(けいかんざん、黒川鶏冠山とも 1603m、16km)。
画像


 東から東南の展望。大菩薩と小金沢連嶺(大菩薩連嶺)。大菩薩嶺(2057m、17km)、大菩薩峠(1897m、18km)、熊沢山(1978m、18km)、小金沢山(2014m、19km)、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(1994m、19km)、黒岳(1988m、21km)、白谷丸(1920m、21km)、大蔵高丸(1750m、20km)、ハマイバ丸(1752m、21km)。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント