テーマ:八代ふるさと公園

再び八代ふるさと公園から(3)

 引き続き笛吹市の八代ふるさと公園から(2019年3月18日)。  八ヶ岳(主峰 赤岳(2899m、48km))と奥秩父の金峰山(2599m、30km)の間、甲府市街の背後に連なる山々。尖った山頂付近だけ覗かせている曲岳(1642m、24km)は甲斐市-北杜市の境界、奥帯名山(1422m、15km)と水ヶ森(1553m、18km)…

続きを読むread more

再び八代ふるさと公園から(2)

 笛吹市の八代ふるさと公園から北アルプスの山々を眺望できたとは感激だった(2019年3月18日)。以下、画像処理してコントラストを改善した。  西北方向には甲府市の中心街があり、中央自動車道と中央本線が通っており、松本市まで高い山はなく、北アルプスの槍ヶ岳(3180m、122km)や常念岳(2857m、115km)がさえぎられずに…

続きを読むread more

再び八代ふるさと公園から(1)

 素晴らしい晴天なので、笛吹市の八代ふるさと公園を再び訪れた(2019年3月18日)。前回は見えなかった北アルプスの山々を望むことができた。周囲の山々の連なりの前後の位置関係までわかる。この(1)では南アルプス、以下の(2)で北アルプスと八ヶ岳、(3)で奥秩父と大菩薩の山々を掲げよう。  古墳広場の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上…

続きを読むread more

八代ふるさと公園から(5)

 八代ふるさと公園の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上 標高 425m)から眺めた大菩薩方面(ただし最後の写真を除く)(2019年1月10日)。  奥秩父山域の黒金山(2232m、27km)、乾徳山(2031m、25km)、奥秩父の主稜線上の(西)破風山(2318m、35km)、雁坂嶺(2289m、35km)、水晶山(2158m、3…

続きを読むread more

八代ふるさと公園から(4)

 八代ふるさと公園の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上 標高 425m)から眺めた八ヶ岳~奥秩父の方面(2019年1月10日)。  左端は八ヶ岳の最高峰の赤岳(2899m、48km)。茅ヶ岳-金ヶ岳の山域では金ヶ岳南峰(約1760m、26km)がここからは一番のピークに見える。曲岳(1642m、24km)は尖った山頂付近が見える。 …

続きを読むread more

八代ふるさと公園から(3)

 八代ふるさと公園の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上 標高 425m)から眺めた八ヶ岳方面(2019年1月10日)。背景の雲が薄くなった時があった。それでも霞んでいたので画像処理してコントラストを改善した。  八ヶ岳の編笠山(2524m、46km)、権現岳(2715m、47km)、阿弥陀岳(2805m、49km)、赤岳(2899m…

続きを読むread more

八代ふるさと公園から(2)

 八代ふるさと公園の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上 標高 425m)から眺めた南アルプスの連山(2019年1月10日)。  南アルプスの全景。真っ白の目立つ山は左から赤石岳(3121m、47km)、東岳(荒川東岳とも悪沢岳とも 3141m、43km)、農鳥岳(3026m、37km)、間ノ岳(3190m、38km)、北岳(3193…

続きを読むread more

八代ふるさと公園から(1)

 用事のない、晴天の日に笛吹市の八代ふるさと公園を訪れた。前日は終日素晴らしい晴天だったようだが、この日は少し霞んでおり、また山の背景に雲が出ており、雪を抱いた山とのコントラストがよくなかったが、それでも甲府盆地と周囲の山々の眺望を満喫できた(2019年1月10日)。ここではパノラマ写真だけを掲げ、以下順次に南アルプス、八ヶ岳などの眺望…

続きを読むread more