高見石から(2)

 高見石の岩の上(標高約 2280m)からの北アルプス立山連峰、中央アルプスの遠望を掲げる。撮影日時は2020年11月5日の正午過ぎ。

 北西方向に北八ヶ岳の麦草峠以北の山々、蓼科山(2530m、8.2km)、茶臼岳(2384m、3.0km)、北横岳(横岳北峰)(2480m、5.5km)、縞枯山(2403m、3.8km)、大岳(2382m、5.3km)が間近に座している。蓼科山の左、樹木の間、雪に覆われた連山は北アルプスの立山連峰で、大汝山(おおなんじやま 3015m、88km)はその最高峰である。
DSCF4457-58a_蓼科山.jpg

 立山連峰を望遠で撮影。左の3つのピークは獅子岳(2714m、88km)、鬼岳(2750m、88km)、龍王岳(2872m、88km)。次の3つのピーク、雄山(3003m、88km)、大汝山(3015m、88km)、富士ノ折立(2999m、88km)は立山と総称される。手前の三角形のピークの針ノ木岳(2821m、81km)とその右の蓮華岳(2799m、79km)は後立山連峰に属する。剱岳(2999m、92km)は立山連峰の北の主峰。
DSCF4460-61a_高見石から北ア.jpg

 南西ないし西南西、高見石小屋の屋根の向こうに中央アルプスの山々が連なっている。逆光でだいぶ霞んでいるが、最高峰の木曽駒ヶ岳(2956m、57km)、北部の大棚入山(おおたないりやま 2375m、54km)、経ヶ岳(2296m、47km)が認められる。
 左手前に程久保山(ほどくぼやま 1977m、25km)(+背後の無名の2088m峰(26km))と入笠山(1955m、23km)が見える。
DSCF4468a_高見石小屋.jpg

 中央アルプスを望遠レンズで覗くと、木曽駒ヶ岳(2956m、57km)以南のピークが明瞭になった。主なピークは濁沢大峰(にごりざわおおみね 2724m、58km)、空木岳(うつぎだけ 2864m、61km)、南駒ヶ岳(2841m、62km)。かすかな山影であるが、恵那山(えなさん 2191m、96km)が確認できる。
DSCF4469-70a_高見石小屋方面.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント