高見石から(1)

 国道299号沿い、麦草峠直前の白駒池駐車場(標高 2089m)に車を駐めて、白駒池(標高 2115m)を1周し、高見石へ登る。昼頃になっていたので遠方は霞んでいるが、久しぶりに遠望を楽しめた(2020年11月5日)。以下は、高見石の岩の上(標高約 2280m)からの北ないし東の眺望である。いずれもコントラストを改善あるいは強調した。

 高見石からのパノラマ写真。
 眼下に白駒池(2115m、0.8km)が見える。丸山(2330m、0.5km)は高見石-麦草峠の縦走路の最高点。蓼科山(2530m、8.2km)、縞枯山(2403m、3.8km)、八柱山(やばしらやま 2114m、4.2km)。遠方の浅間山(2568m、43km)はかなり霞んでいる。御座山(おぐらさん 2112m、23km)は群馬県境に近い佐久の名山。
DSCF4442b_高見石パノラマ.jpg

 高見石から北方面を拡大。近くの山は左から蓼科山(2530m、8.2km)、茶臼岳(2384m、3.0km)、北横岳(横岳北峰)(2480m、5.5km)は山頂付近がかろうじて姿を見せている、縞枯山(2403m、3.8km)、大岳(2382m、5.3km)、少し離れて八柱山(2114m、4.2km)。
 大岳の右手、かすかな山影は妙高山(2454m、96km)、八柱山の上の山影は根子岳(ねこだけ 2207m、56km)と四阿山(あずまやさん 2354m、55km)。
 浅間山(2568m、43km)と黒斑山(2404m、41km)は浅間連峰の主峰。浅間隠山(あさまかくしやま 1757m、53km)の名前は、中之条町の方から見ると浅間山を隠してしまうことに由来するという。
DSCF4443-46a_高見石から北.jpg

 浅間隠山(1757m、53km)の右隣のピークは鼻曲山(1655m、48km)。
 中央付近の最遠方の山影はかなりかすかなうえに、雲がかかっているところもあるよう、明瞭ならば谷川岳、至仏山、武尊山(ほたかやま)、錫ヶ岳(すずがたけ)、皇海山(すかいさん)などのピークが確認できるのだが。ひとつ手前の山影に榛名富士(1390m、67km)が認められる。その右手の少し濃い山影は妙義山(相馬岳)(1104m、46km)である。
 山頂部分が平坦な荒船山の最高点が経塚山(1423m、31km)、台形の左端の艫岩(ともいわ 1350m、31km)は約200mの垂直な絶壁となっている。
 右端近くの2つのピークは広小屋山(ひろこややま 1485m、24km)、茂来山(もらいさん 1718m、19km)。
DSCF4447-50a_高見石から北東.jpg

 茂来山(1718m、19km)から新三郎(1682m、25km)を経て御座山(おぐらやま 2112m、23km)にいたる尾根の上に山頂付近を覗かせている峰は赤久縄山(あかぐなやま 1522m、45km)と稲含山(いなふくみやま 1370m、45km)。
DSCF4451-54a_高見石から東.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント