笛吹川フルーツ公園から

 天気がよさそうなので休養をかねてお馴染みの笛吹川フルーツ公園を訪れた。空気が澄んでいて周囲の山々の山腹の起伏までよくわかる気持ちよい日だった(2020年3月11日)。いろいろ忙しかったのでアップロードが遅くなってしまった。

 フルーツ公園上部にあるホテル5階からの南側の眺望。御坂山地越しに富士山、手前は甲府盆地の一画。
 御坂山地主脈稜線上の御坂黒岳(1793m, 19km)、節刀ヶ岳(1736m, 19km)、鬼ヶ岳(1738m, 20km)、王岳(1623m, 21km)。節刀ヶ岳と鬼ヶ岳の間に真南がある。
 甲府盆地を取り巻く山々は、左から笹子雁ヶ腹摺山(1358m, 15km)、日影雁ヶ腹摺山(岩崎山)(1155m, 12km)、雲母山(1214m, 11km)、京戸山(1439m, 13km)、達沢山(1358m, 13km)、府駒山(1562m, 17km)、釈迦ヶ岳(1641m, 17km)、大栃山(1415m, 14km)、滝戸山(1221m, 17km)。
DSCF4319a_富士山方面.jpg

 同じく、東側の眺望。中央手前の2つのドームはフルーツ公園内の施設「わんぱくドーム」と「絶景レストラン」。
 大菩薩連嶺。最高峰の大菩薩嶺(2057m, 17km)、大菩薩峠(1897m、18km)、熊沢山(1978m, 18km)、小金沢山(2014m, 18km)、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(1994m, 17km)、黒岳(1988m, 17km)、大谷ヶ丸(1644m, 18km)、滝子山(1620m, 19km)。牛奥雁ヶ腹摺山と黒岳の間に真東がある。
 宮宕山(大滝山)(1361m, 10km)、甲州高尾山(1106m, 10km)は大菩薩の主稜線より手前(西)に位置する。
 お坊山(1430m, 17km)と笹子雁ヶ腹摺山(1358m, 15km)の間にJR中央線、甲州街道、中央道の笹子トンネルが通っている。それより右側は御坂山地につながる。(旧)御坂峠(1520m, 19km)を加えた。
DSCF4322-23a_大菩薩連嶺.jpg

 富士山をクローズアップ。
DSCF4318a_富士山.jpg

 夕陽を受ける富士山。
DSCF4337a_富士夕陽.jpg

 翌朝の、天子山地方面の展望。天子山地の最高峰、毛無山(1964m, 34km)と雨ヶ岳(1772m, 31km)は山梨-静岡県境に、大ガレノ頭(1904m, 34km)と五老峰(1619m, 34km)は静岡県内に位置する。
 大平山(1188m, 23km)、蛾ヶ岳(ひるがたけ 1280m, 24km)、大畠山(1118m, 23km)は御坂山地の西端、甲府盆地の南に位置する。
DSCF4372-73_毛無山地.jpg

 ホテルから公園の施設の方へ下りていくと、七面山方面がよく見える場所がある。
 東に富士川を隔てて天子山地と向き合っている山稜で、主なピークは七面山(1989m, 47km)、希望峰(1980m, 47km)、八紘嶺(1918m, 51km)。
 七面山の山頂付近は山梨県早川町に囲まれた身延町の飛地で、日蓮が開いた身延山久遠寺の寺領であるという。
DSCF4367a_七面山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント