再び中央道釈迦堂PAから(2)

 前の(1)の続編で、中央道の釈迦堂PAから通じる遺跡博物館前からの奥秩父方面の眺望である(2020年1月21日)。

 金峰山(2599m、26km)、朝日岳(2579m、26km)、国師岳(国師ヶ岳)(2592m、25km)は、山梨-長野県境をなす奥秩父山地の主脈稜線上の山。金峰山の手前の大沢ノ頭(大沢山)(1673m、15km)、小楢山(1713m、16km)は山梨市牧丘町に位置する。奥秩父の最高峰の北奥千丈岳(2601m、25km)は主脈稜線より少し南、大丸戸(おおまると、遠見山)(2234m、21km)、トサカ(2047m、21km)はそれよりずっと南、いずれも山梨市に位置する。
DSCF4074-78_奥秩父1.jpg

 黒金山(2232m、22km)、乾徳山(けんとくざん 2031m、20km)、牛首(2086m、22km)は山梨市の山、木賊山(とくさやま 2469m、29km)、笹平(2074m、29km)、西破風山(破風山)(2318m、29km)、東破風山(2260m、29km)、雁坂嶺(2289m、29km)は山梨-埼玉県境をなす奥秩父山地の主脈稜線上に位置する。滑沢山(なめさわやま 1292m、14km)は甲州市の山、その背後に主脈稜線上の古礼山(2112m、27km)がかすかに見える。
DSCF4057-58a_奥秩父2.jpg

 黒金山(2232m、22km)と乾徳山(2031m、20km)をクローズアップ。笠盛山(2072m、21km)は黒金山と乾徳山を結ぶ尾根の中間のピーク。牛首(2086m、22km)は黒金山の東のピーク。
DSCF4081_乾徳山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント