再び八代ふるさと公園から(1)

 素晴らしい晴天なので、笛吹市の八代ふるさと公園を再び訪れた(2019年3月18日)。前回は見えなかった北アルプスの山々を望むことができた。周囲の山々の連なりの前後の位置関係までわかる。この(1)では南アルプス、以下の(2)で北アルプスと八ヶ岳、(3)で奥秩父と大菩薩の山々を掲げよう。

 古墳広場の一番高いところ(岡銚子塚古墳の上 標高 425m)からの眺望である。西に南アルプス、北に八ヶ岳から奥秩父、東より少し北寄りに大菩薩連嶺が連なる。南アルプスと八ヶ岳との山あいに北アルプスが姿を見せていた。
画像


 南アルプスの南部。ただし左端の大畠山(1118m、13km)は西八代郡市川三郷町の四尾連湖の近くの山である。布引山(2584m、41km)、笊ヶ岳(ざるがたけ 2629m、40km)、這松尾(はいまつお 2545m、39km)、生木割山(2539m、40km)、保利沢山(2379m、38km)は山梨県と静岡県(静岡市)との県境稜線上または稜線近くに位置する。聖岳(ひじりだけ 3013m、50km)、赤石岳(3121m、47km)、小赤石岳(3081m、46km)、千枚岳(2880m、42km)、悪沢岳(荒川東岳)(3141m、43km)はその背後の静岡県(静岡市)と長根県の県境稜線上またはその近くに位置する。源氏山(1827m、26km)と大峠山(1908m、26km)は山梨県南巨摩郡富士川町の山である。
画像


 聖岳を望遠で望むと、前聖岳(3013m、50km)と奥聖岳(2978m、49km)が確認できる。
画像


 間ノ岳(3190m、38km)と北岳(3193m、38km)の手前の尾根上の高谷山(1842m、28km)、夜叉神峠(1770m、28km)、大崖頭山(2203m、29km)、この尾根をさらに右へたどると辻山(2528m、30km)、薬師岳(2780m、32km)、観音岳(2840m、33km)に到る。千頭星山(2139m、27km)はもうひとつ手前の尾根上のピーク。
画像


 辻山(2585m、30km)、薬師岳(2780m、32km)、観音岳(2840m、33km)、地蔵岳(2764m、34km)、甲斐駒ヶ岳(2967m、41km)。
 鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳)の手前の尾根上の千頭星山(2139m、27km)と御所山(1892m、28km)。この尾根上で薬師岳の真下が奥甘利山(1843m、27km)、その少し右下(観音岳のほぼ下)のピークが甘利山(1731m、26km)である。
 黒戸山(2254m、39km)、大岩山(2319m、43km)は甲斐駒の近くの北杜市の山。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント