中央道釈迦堂PAから

 素晴らしい展望が期待できそうな天気だったので、甲州方面に出かけた。まずは中央道の釈迦堂PAに立ち寄った。遺跡博物館への階段を上がると、南アルプスから奥秩父までの山々の素晴らしい眺望が広がっていた(2019年3月18日)。

 階段の上部からのパノラマ写真。西に南アルプス山々、北に奥秩父の山々、その間に甲府近郊の山々が連なっている。
画像


 南アルプス南部。這松尾(はいまつお 2545m、47km)、生木割山(なまきわりやま 2539m、48km)、保利沢山(2379m、45km)は山梨-静岡県境ないし県境近くに位置する。聖岳(ひじりだけ 2982m、58km)、赤石岳(3121m、55km)、小赤石岳(3081m、54km)は静岡-長野県境の山である。千枚岳(2880m、50km)、悪沢岳(荒川東岳)(3141m、51km)、西小石岳(2827m、50km)、徳右衛門岳(2599m、46km)、蝙蝠岳(こうもりだけ 2865m、47km)は、山梨県と長野県にはさまれた静岡県内に位置する。右端の笹山(黒河内岳)(2718m、43km)は山梨-静岡県境の山、櫛形山(2054m、32km)は甲府盆地近郊の山である。
画像


 南アルプスの北部。白河内岳(しろごうちだけ 2813m、44km)、広河内岳(2895m、44km)、農鳥岳(3026m、43km)、西農鳥岳(3051m、44km)、間ノ岳(3190m、44km)は山梨-静岡県境に位置するが、この主脈稜線上の北岳(3193m、43km)は山梨県に位置する。
 辻山(2585m、36km)、薬師岳(2780m、37km)、観音岳(2840m、38km)、地蔵岳(地蔵ヶ岳)(2764m、38km)、アサヨ峯(2799m、44km)は山梨県南アルプス市と韮崎市ないし北杜市との境界に、甲斐駒ヶ岳(2967m、45km)と鋸岳(2685m、48km)は山梨県と長野県境に位置する。
画像


 甲府近郊の山々である。左から大蔵経寺山(だいぞうきょうじやま 716m、8.5km)、深草山(906m、9.9km)、鹿穴(ししあな 990m、11km)、無名峰(1042m、11km)、兜山(913m、9.0km)、棚山(1171m、11km)、奥帯名山(1422m、15km)、水ヶ森(1553m、16km)、鳥屋山(1383m、15km)、一ツ木山(1525m、17km)、ソッタ頭(1724m、19km)、大沢山(大沢ノ頭)(1673m、15km)。
画像


 奥秩父の西部である。大沢山(大沢ノ頭)(1673m、15km)、小楢山(こならやま 1712m、16km)は手前のピーク。金峰山(2599m,26km)、朝日岳(2579m、26km)、北奥千丈岳(2601m、25km)、国師岳(2592m、25km)は山梨-長野県境ないし県境近くに、トサカ(2047m、21km)、黒金山(2232m、22km)、乾徳山(2031m、20km)、牛首(2086m、22km)は山梨県内に位置する。木賊山(2469m、29km)、鞍部の笹平(2074m、29km)は山梨-埼玉県境である。
画像


 奥秩父の東部である。木賊山(2469m、29km)、笹平(2074m、29km)、西破風山(破風山)(2316m、29km)、東破風山(2260m、29km)、雁坂嶺(2289m、29km)、水晶山(2159m、27km)は山梨-埼玉県境に位置する。
画像


 最後に金峰山のクローズアップ。明るさと色彩のコントラストを改善した。手前は大沢山(大沢ノ頭)(1673m、15km)と小楢山(1712m、16km)。大沢山の山頂右の黒い箇所は蟇岩か?
 金峰山(2599m,26km)の山頂の左の黒い岩は五丈岩。鉄山(2531m,、26km)の山頂付近が見える。右端の剣ヶ峰(2053m、22km)は、金峰山-鉄山-朝日岳の稜線下の丸みを帯びたピーク。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント