小楢山から(3)

 久しぶりの晴天の日(2018年10月22日)、小楢山(1713m)の山頂から望んだ大菩薩と小金沢連嶺(あわせて大菩薩連嶺)の山々を拡大した。

 大菩薩嶺(2057m、17km)、大菩薩峠(1897m、18km)、熊沢山(1978m、18km)は大菩薩の山域、熊沢山の右肩にある石丸峠(1910m、18.5km)から湯ノ沢峠(1652m、20.5km)までが小金沢連嶺(広義の小金沢連嶺の北部)である。小金沢連嶺の稜線は高低差が余りないのでピークの位置があまり明瞭ではない。
 狼平(1872m、19km)は広い笹原、小金沢山(2014m、19km)は小金沢連嶺の最高峰、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま 1994m、19km)、黒岳(1988m、20km)、白谷丸(しらやまる 1920m、21km)。
画像


 湯ノ沢峠から滝子山までが小金沢連嶺の南部。湯ノ沢峠(1652m、20.5km)、大蔵高丸(1750m、20.5km)、ハマイバ丸(1752m、21km)、大谷ヶ丸(1644m、22km)、滝子山(1620m、24km)。
 今倉山から鹿留山は道志山地、ただし菰釣山(こもつるしやま)は山梨県道志村と神奈川県の県境にあり、西丹沢の山に数えられている。今倉山西峰(1470m、40km)、菰釣山(1379m、45km)、道志の最高峰の御正体山(みしょうたいやま 1682m、41km)、鹿留山(ししどめやま 1632m、38km)。
 御正体山の左下のお坊山(1430m、22km)と笹子雁ヶ腹摺山(1358m、22km)の間を中央道、甲州街道やJRの笹子トンネルが通っている。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント